Consolidating communication and production

Press / プレス

Gallery

Entrevista Miho Hagino


Image

Crystal Jungle / Selva de Cristal open in Acapulco

Invitación Selva de Cristal Frente-OBS_CJ_l


Exposición Fotográfica “Rikuzentakata(2011) / Kesengawa(2002-2010)” Naoya Hatakeyama

Kesengawa
Talla encarga coordinación, diseño montaje de la exposición fotográfica
“Rikuzentakata(2011) / Kesengawa(2002-2010)” del fotografo japonés Naoya Hatakeyama.

______________________________________________________________________________________________

Exposición Fotográfica
“Rikuzentakata(2011)/Kesengawa(2002-2010)”
Naoya Hatakeyama

Fecha:
11 de marzo de 2013-12 de abril de 2013 (El Espacio Japón permanecerá cerrado los días lunes 18, jueves 28 y viernes 29.)
Horario de lunes a viernes de 9:15 a 13:15 hrs. y de 15:00 a 18:15 hrs.

Inauguración:
14 de marzo de 2013 18:30-20:30

Lugar:
ESPACIO JAPÓN Anexo de la Embajada del Japón
Lamartine 238, Primer Piso, Col. Chapultepec Morales, México, D.F., Tel. 55 5531 2501

Organizador:
Fundación Paisaje Social A.C.

Patrocinador:
Fondo de la Amistad México Japón
Panasonic S.A. de C.V.
Calpis U.S.A. Inc.
Suntory Mexicana S.A de C.V.

Colaborador:
Embajada del Japón en Mécico
Ciudad de México
SEDEREC(Secretaría de Desarrollo Rural y Equidad Para las Comunidades)
Taller de Arte y Arquitectura, México-Japón
Fumi Emori
Kyoko Mikami


Image

TALLA se encarga de la interpretación y registro fotográfico de la presentación DAIRAKUDAKAN en CCU México

Entrevista con Maro Akaji director de la Cia. Dairakudakan Temputenshiki
Interpretación: Taro Zorrilla


Miho Hagino en la revista INCENDIOS

P62-p64
Go to INCENDIOS internet magazine Vol. 2


Traducción sobre Ruta de la Amistad en Boletín informativo, NICHIBOKU.


Ruta de la Amistad en la revista Tabitabi Toyo.

Nota sobre ESPFRAS de artista japones Kiyoshi Takahashi en TABITABI Toyo, p58, abril de 2012
¡Muchas gracias por sus interés¡

http://issuu.com/tabitabitoyo/docs/tabitabi81abr12!


Miho Hagino en DÉBALO magazine vol.4

Débalo No.4
p43-p45


Taro Zorrilla en el foro Light up Nippon

El Arq. Taro Zorrilla, asesor de la Fundación Paisaje Social A.C., será uno de los panelistas en el foro “Luces de Japón / Light up Nippon” para presentar sus actividades después de sismo de Tohoku en The Movie Company (Av. San Jerónimo #263, Tizapan, San Ángel, México D.F.) El día 23 de Marzo a las 18:30 hrs.


TALLA colabora con Museo Frida Kahlo para el registro de objetos de Frida Kahlo con la fotografa Miyako Ishiuchi

Talla colaboró con Museo Frida Kahlo como interprete para la realización de toma fotografica por Miyako Ishiuchi de objetos personales de Frida Kahlo.

Periodico Milenio, Martes, 06 de Marzo de 2012

Foto : Milenio Ishiushi Miyako accede a la intimidad de Frida Kahlo

El Universal, 29 de febrero de 2012


Entrevista con Roberto de la Torre

This slideshow requires JavaScript.

Sachiko Felina Uchiyama,una japonesa quien trabaja en gestion cultural, realizó una entrevista con el artista mexicano, Roberto de la Torre.


Social Landscape Foundation at artscape magazine by Sachiko Felina Uchiyama

Sachiko (Felina)Uchiyama, art producer-comunity art investigator who collaborates with TALLA(Taller de Arte y Arquitectura, México-Japón), presents about The Social Landscape Foundation/Fundación Paisaje Social A.C. in the artscape magazine (in Japanese).


Ala Blanca Festival


La hora de Miho y Chucho

メキシコシティの先住民族や外国人の権利を守り、文化的なプロモーションをする政府機関(SEDEREC)と
ソーシャルランドスケープ基金が、はぎのとヘススクルスビジェガスのみほとチュチョの国際多言語ラジオアワーというインターネット配信のラジオ番組を始めます。

メキシコ時間毎週金曜日午後5時より。初回は6月10日です。

毎回多様なゲストをお迎えして、文化芸術、人権問題、環境問題、建築、歴史などなどについて語る予定です。
日本時間では土曜日の朝7時となります。

こちらからアクセスしてください!


Presentación en Corredor Cultural Roma Condesa

Fundación Paisaje Social A.C. , la organización no nutritiva que Hagino y Zorrilla son miembros, presenta sus actividades en el corredor Roma-Condesa.

今週の土曜日に美術館、ギャラリー、おしゃれなお店、レストランなどが一斉に参加し、市民が地図を持ってローマとコンデサ地区を散策するという趣旨のCorredor Roma Condesaが開かれます。

MUCA roma美術館で、現在私が参加している無人の都市をテーマにした展覧会ORBEに関連して、芸術を使って都市の中で人間の繋がりをより強くしようという趣旨で創設されたソーシャルランドスケープ基金は、この日、街の中を我々がデザインしたTシャツをきた若者達が自転車で走り、私たちの活動趣旨の分かるチラシ配布をおこないます。

また美術館入り口で、メンバーが待機し、¡Amor a Japón!に作品をドネーションしてくれるアーティストと、ワークショップのプロジェクト、Jardincitoに興味のあるボランティアの募集、そしてRodando x la Ruta de la Amistad、メキシコオリンピックの時に作られた巨大彫刻群の景観を高架から守るために作る自転車路デザイン実現のための署名運動を行います。

今週末、メキシコシティにいらっしゃるかたは、ぜひご参加ください。一日だけのイベントですが、毎回5000人以上の人々が参加するそうです。


Charity sales for Tohoku disaster at Mori Art Museum. 東日本大震災チャリティアートセール 森美術館

Some piece of Proyecto Japón will be sold at Mori Art Museum for helping the victims of Tohoku disaster.

森美術館主催の東日本大震災チャリティ・アート・セールに出品します。被災者の方達の復興のお手伝いができるならばと、本当に小さな形ですが、参加させていただくこととなりました。

被災された皆様の一日も早い復興、そして平穏な日々が訪れることを心よりお祈り申し上げます。


時間: 4 月 16日 2011年 ~ 4 月 17日 2011年
場所: 会場: 森美術館内 ギャラリー1
番地: 六本木6-10-1
市区町村: 港区
Web サイトや地図: http://www.mori.art.museum/jp/index.html
イベント タイプ: チャリティー アートセール
組織担当者: fumio nanjo

日本は3月11日の大震災、そして原発問題と大きな災害に見舞われ、とくに被災者の方々は、今なお大きな苦難を抱えて東北の地に生きています。森美術館はこうした方々に、少しでもより良い環境と安心を提供し、新たな日本の復興への力としたいと、下記の通り、チャリティによるアートセールを開催する運びとなりました。

出品アーティストの半分近くが海外の作家で、日本の友人やアートファンの安否を気遣い、また被災者を助けたいとの思いで、ご自分の作品を提供してくれました。

出品作家(順不同): オノ・ヨーコ、大岩オスカール、椿昇、宮島達男、武谷大介、青山 悟、栗林 隆、杉本博司、草間彌生、奈良美智、寺岡政美、フランシス真悟、石山 朔、レアンドロ・エルリッヒ、ジェーン・アレクサンダー、イリヤ&エミリア・カバコフ、シルパ・グプタ、アグス・スワゲ、シュ・ビン(徐冰)、ヴォルフガング・スティラー、はぎのみほ+ソリージャ・タロウ、ハンス・ペーター・クーン、和田淳子、ソフィ・カル、A.・バラスブラマニアム、ジャガンナート・パンダ、フェデリコ・エレーロ、ドナ・オン、ミヤケマイ ほか

* また作品をご購入いただいた方には、森美術館の招待券(10枚)を差し上げます。

通常の市場価格よりもきわめて低い価格で提供することに同意してくれたおかげで、どの作品も安価です。この際に、これらの優れた作品を購入し、また東北の方々の支援にご協力いただきたく、お願い申し上げます。
なお売上金は全額、日本赤十字社に寄付をさせていただきます。

日時: 2011年4月16日(土)、17日(日) 午前10時から午後6時まで
(ただし、16日土曜日の13時から16時に限り、同会場での「MAMプロジェクト014:田口行弘」のアーティスト・トークの開催につき、販売を一旦休止させていただきます)


Por favor circule información al hispano hablantes.

被災された皆様にお見舞い申し上げます。
今回の震災、津波で亡くなられた方、ご冥福をお祈り申し上げます。もうこれ以上被害が広がらないよう 、心の底から祈っております。
一日も早く心の平静を取り戻していただきたいと思っています。


Si tienen amigos hispanohablantes, por favor circulen este información.
スペイン語圏の方達にこの情報を渡してください。

Fundación Paisaje Social A.C.
日本での地震に関する外国語の情報
被爆から身を守るには(スペイン語版)
募金情報

在日メキシコ大使館オフィシャルページ

Facebook Miho Hagino
地震に関する様々な必要情報をスペイン語で載せています。

各言語に翻訳した地震対応マニュアル
東京外大有志達が作った各言語に翻訳した地震対応マニュアルと
今回の地震の情報サイト。


Miho Hagino y Taro Zorrilla en Radio Raíces

3月3日木曜日、昼の12時より、プロジェクト・ハポンの助成をいただきましたメキシコ市のラジオにはぎのみほソリージャ・タロウが出演し、日本メキシコ芸術建築制作研究所プロジェクト・ハポンソーシャルランドスケープ基金について話をしました。録音したものをもう少ししたらアップします。

ホームページへ / A la pagina de Radio SEDEREC DF

Exposición Crystal Jungle en el Museo del Chopo

クリスタルジャングル
メキシコにおける日本人アーティストの周辺世界
2月9日から5月18日まで

Chopo University Museum
Dr. Enrique González Mtz. No. 10, Col. Sta. Ma. La Ribera, 06400 México, D.F.
Tel: 5535-2186, 5546-5484, 5546-8490 Ext. 106
Information
Hiroshi OKUNO / Natsumi BABA
cristaljungle @ gmail.com
メキシコシティのメキシコ国立自治大学付属のチョポ美術館での展覧会です。
ご高覧いただけると幸いです。

新年のご挨拶

昨年は思いがけず様々なことがあった年でした。
おかげさまで、順調に今年も活動が続けられそうです。
お世話になりました皆様、まことにありがとうございました。
TALLAは、日本とメキシコの公的美術館など難易度の高い展覧会やコーディネーションの企画や進行をする組織です。
芸術と建築における会議や講演のスペイン語通訳、翻訳などをこなす専門性の高さが特徴です。
ソーシャルランドスケープ基金(スペイン語でパイサヘソシアル基金)は、芸術活動を通して、人間間の繋がりをより強くすることを目的として建築家、芸術家、アクティビスト、コーディネーター、美術活動専門の会計士で設立された非営利組織です。
昨年は、高齢者ホームでのワークショップ企画進行や、平和絵本展覧会の企画補助をしました。
今年は、それらの活動に引き続き、4月からメキシコ国立自治大学の現代美術館における
高齢者向けワークショップの企画進行と壁画家松井エイコさんにドネーションいただいたスペイン語訳のついた紙芝居を無料で貸し出し、メキシコにおける紙芝居教育の普及と発展を重要な活動の指針としてあげています。
個人的な活動としては、2011年2月9日から参加するメキシコにおける日本人作家のグループ展、クリスタルジャングル展がチョポ美術館で始まります。
またその後、メキシコ国立自治大学ローマ地区科学美術館で写真、インスタレーションの展覧会があります。
現在はブラジルのメキシコ大使館文化担当官でもある、メキシコにおける概念芸術の父、フェリペ・エレンバーグがグアナファトで企画している視覚楽譜の展覧会にピアニストの高橋アキさんを招待して制作、発表の予定です。
本年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様にとって2011年が素晴らしいお年でありますよう!
ところで、新年早々小さな冊子の為に文章を書く予定です。
ぜひこの本を読みたいと思っているのですが、なかなかもう手に入らないそうです。
もし、ご興味のある方がいらっしゃったら、復刊にご協力ください。
といっても、3年前からたったの3人の希望ですが。
イメージをクリックすると、復刊ドットコムにいきます。

コンテンポラリーエディションフォーラム

12月9日から3日間、メキシコ人写真家、マリアナ・グルーナーのキュレーションによるカリージョヒル美術館のアーティストブックの展覧会に出展します。

イベントが盛りだくさんらしいので、近くの人は是非足を運んでみてください。


日本メキシコ芸術建築制作研究所

日本メキシコ芸術建築制作研究所、スペイン語ですと、Taller de Arte y Arquitectura México-Japónというのを設立しました。

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

まだ制作中ですが、日本メキシコ芸術建築制作研究所HPもあります。


LARmagazine vol.3


LARmagazine vol.3
p154-P163
文:アドリアナ レストレポ

インターネットマガジンにプロジェクトハポンについてのインタビュー記事を載せていただきました。
英語とスペイン語版があります。是非みてください!

雑誌ページへ


大駱駝艦メキシコ公演


10月29,30日はメキシコ自治国立大学内の劇場で日本の舞踏、大駱駝艦の”人の秘密”の公演がありました。麿 赤兒さん率いる30名もの団員の方たちは静かな迫力を持っていて、舞台では、思わず引き込まれてしまいました。

舞踏は最初近付き難い、怖いものだという偏見があったのですが、人間の繊細さを表す素晴らしい表現様式だということが感じられました。しかも身体一つで!

唯一のメキシコ人団員、エスパルタコもメキシコに来れたのはタコのおかげと、団員の人たちに沢山感謝され、のびのびとして、とても楽しそうでした。おばあちゃんとお姉さんが見に来ていました。天賦典式と呼ばれる麿さんの思想は、誰もが幸せになれることです。もっと広まってほしいです。

日本という大変なところで大変なお仕事をされているけれど、ひょうひょうとしている。そこに至るまでには大変なご苦労だったことと察します。今回の通訳のお仕事ではお世話になりました。勉強になることが沢山ありました。本当にありがとうございました。